安全なハグの方法

以前のブログにも記載しましたが、英国では5月17日以降は家の中でも同居家族以外6人までは会えるようになりました。屋外は30人です。それ以前は、外では同居家族以外は1名のみ、室内は禁止、という厳しいルールでした。

ただ、久々に会う人たちとのハグに関しては注意を払うようにと、ニュースサイトにリマインダーのように表示される正しいハグの方法をご案内します。

イラストには4つの方法が紹介されています。

また5大原則として、1. Be selective(相手を選べ) 2. Make it quick(素早く) 3. Avoid face-to-face contact(顔はくっつけない) 4. Do it outside(ハグは外で) 5. Get tested(テストして)*との記載がありました。

Dunbar教授によると、なぜ人間に(ハグのような)物理的な接触が必要かと言うと、もともとはお互いに毛づくろいをしていたわけで、進化後にほとんどの毛は無くなったものの、撫でたり抱きしめたり肩や背中を軽く叩くという行動は毛づくろいと同じ動作。これにより脳にFeel-good効果をもたらすエンドルフィンを出すのだそうです。

またハグにはストレスレベル、心拍数、並びに血圧も下げる効果があると言われています。

*現在は無料でテスト・キットを注文できます。

参考記事 https://www.bbc.co.uk/news/uk-57083571

コメント新規追加