ほとんどすべての規制を無くすイングランド

一昨日の夕方保健相のJavid氏が緊急記者会見を開き、その様子が全国に流れました。そこで発表されたのが「イングランドでは来週27日からはほとんど全ての規制を無くす」ということでした。

27日以降も残っているのは陽性者の自主隔離ぐらいで、Plan Bに含まれていた以下の規制はすでに無くなったものもあります。

  • 公共交通機関、店内、人が大勢集まるところでのマスク着用(既に中高生に義務付けられていた校内でのマスク着用は不要になり、27日以降はすべての場所で誰に対しても義務ではなくなります)
  • 在宅勤務の推奨(こちらも発表のあった翌日から廃止になり、その朝はロンドンの各駅で通勤ラッシュが戻ってきたようでした)
  • ワクチン証明の提示(イングランドではナイトクラブ、500名以上の屋内でのイベントなどでは必要でしたが、今後は不要になります)

ただロンドン市長のKhan氏は、たとえ来週Plan Bが解除されてもTfL(ロンドンを走る地下鉄やバス)を利用する際には義務付けるとTwitter上で発表しました。

また保健相のJavid氏も「僕も買い物に行くときなどはマスクを着用する」と述べていました。ただ、着用しなくても罰金を取られるようなことはなくなります。

自主隔離に関しては、症状があってもなくても10日間だったのが7日間に短縮され、さらに現在は5日間になっています。この規制の見直しは3月24日になっていますが、ジョンソン首相は「これ以降更新されることはないだろう。場合によっては前倒しで自主隔離が無くなることもあり得る」と発言しています。そうなるとコロナに関するあらゆる規制が無くなることになり、保健相のJavid氏曰く、「ヨーロッパで一番開けた(Openな)国になる」そうです。

これに対し、BBCのNick Triggle氏は懸念を示しています。確かに感染者数は減少しているけれど、去年の冬のピーク時よりも多いからです。また感染者数には地域差があり、イギリスの中部、北東部、ヨークシャ地方などではまだ入院患者数は減少していません。このような状態で全国一斉に規制を解除してしまうと「感染のリバウンド」が起こるかもしれないと専門家も懸念しています。そうは言ってもいつまでも規制を敷いていると経済的なダメージもあるので、規制し続けることによるメリットとデメリットなどを考慮するのが重要で、以前に比べるとメリットが減っているのも事実です。(https://www.bbc.co.uk/news/health-60059761から)

朝のニュース番組では「Plan Bを解除するなど思い切った政策にしたのは、一連のジョンソン首相のパーティー疑惑から国民の関心を逸らせるのが目的なのでは?」とJavid氏に鋭い質問が飛んでいましたが、Javid氏は「この政策は専門家と相談し、科学的根拠に基づいた結果だ」と強く否定していました。

確かに重傷者や死亡者の数は目に見えて減っています。また国家統計局(Office for National Statistics)によると「現在では97%の国民がワクチンや感染により”抗体”を持っていることが明らかになっている。パンデミック開始当時はもちろん0%だった」とのことです。これは必ずしも人々が感染に対して免疫があることを意味するのではなく、私たちの体がウイルスと戦うのが上手になったということです。こちらに関しては過去のブログ(ワクチンはコロナの学校?)をご覧ください。その結果コロナに感染しても軽症で済み、感染者の死亡する割合が著しく減少していると記載されていました。

Triggle氏の記事の最後はこんな言葉で終わっていました。

Now the public is again being asked to manage the risks, and that behaviour will determine the course of the pandemic over the coming weeks.(今、国民は再びリスク管理を求められており、その行動が今後数週間のパンデミックの行方を左右することになるのです)

パンデミックがエンデミックに移行するかしないかは私たち一人一人の行動にかかっているということでしょうか?ところでエンデミックはその言葉から、パンデミックがエンドする(終わる)ことか、と思っていたら全く違っていて、インフルエンザのように一定の地域や周期で繰り返し発生すること、でした。こんな勘違いをしていたのは私だけ?

作成日:1月21日

参考先URL:https://www.bbc.co.uk/news/live/uk-60076381https://www.bbc.co.uk/news/explainers-54239922https://www.bbc.co.uk/news/health-60059761https://www.tokyo-np.co.jp/article/154453

コメント新規追加