規制緩和が延期になっても?

今朝のSky newsによると、Catsやオペラ座の怪人で有名なアンドリュー・ロイド・ウェバー (男爵)は、「例え政府が6月21日からの規制緩和を延期したとしても、予定通り新作シンデレラの公演を人数制限無しで開始する」と宣言したそうです。

参考記事=> sky news

また、そのためには逮捕されてもいい、何があってもオープンするんだとも⁈ (”come hell and high water” と言う表現を使っていました。調べてみると、地獄も高潮も困難なこと、槍でも鉄砲でも持って来いの覚悟?)

ご存知の通り、パンデミックにより演劇業界は大きな痛手を受けていて、ロンドンのウエストエンドにある劇場の多くは5月17日の規制緩和後、人数制限すればオープンしてもいい状態になっても未だに閉鎖中だそうです。観客が少ない=赤字が増えてしまうから…。

彼自身もこのまま規制が緩和されないと、ウエストエンドにある6ヶ所の劇場を売りに出さないといけなくなるとか。

なお、(飛行機と同じく)劇場は安全で、クラスター感染は起きない、という科学的証拠もあるとのことです。

もしもロンドンに住んでいたら、新作を観に行きますか?

コメント新規追加