ボリスの惑星、崩壊無し?

去年からずっとパーティー疑惑で世間を騒がせていましたが、半年経った今もまだ続いています。

半年前の12月下旬には当時BBCの政治記者だったローラ クエンスバーグが「ボリスの惑星、ついに崩壊か?」という見出しで記事を書いていました。そこではジョンソン首相は2020年にクリスマスパーティーがあったことを否定していたのに実は開催されていたことなどが書かれています。

そういえば昔「猿の惑星」(Planet of the Apes)という映画がありましたが、その記者はここからタイトルを思いついたのでしょうか?今調べてみたら1968年の作品でした。

そしておとといは同じく否定していた2020年11月に行われたスタッフの送別会に自らグラスを掲げて乾杯をしていた写真が暴露され、おまけにその日の夕方は内部告発者が(匿名で)インタビューを受けている様子がテレビのドキュメンタリー番組で全国的に放映されていました。そして昨日はスー グレー氏による最終報告書が首相官邸に届いたそうです。

今度こそ崩壊?と思いましたが、短期間にこれだけのことが起きたにも関わらず、首相は辞任する意志がないことを宣言しています。そして周りも「普通の首相だったらとっくに辞めていただろう」と。つまり彼は普通ではない?やはり惑星からやってきた宇宙人ということでしょうか。

私も遅ればせながら先ほどそのドキュメンタリー番組を観てみましたが、やはりジョンソン首相は普通じゃないな、と思わせる内容でした。

あれほど否定していたパーティーが公表されていたよりももっと頻繁に行われていたにも関わらず、罰金は一件だけで済んだのが本当に不思議です。

今はコロナ、ウクライナ、燃料問題、異常な物価上昇、そして今度はサル痘、と次から次へと大きな問題が発生しているので、首相交代の時期ではないとか。今度こそ崩壊か、と思うと何かが起きて、辞任どころではなくなるというタイミング。彼は恐ろしくなるほどラッキー?そういえばそのドキュメンタリー番組でも報じられていましたが、首相自身がコロナに罹って大変危険な状態であったにも関わらず無事に快復しましたね。世界中で心配していた時期があったことを思い出しました。

今日のBBCの記事も「しかしボリス ジョンソンは今のところは無事なようだ」と締めくくられていました。

作成日:5月26日

参考先URL:https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-61586867https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-59615564

アイキャッチ画像:Photo by NASA on Unsplash

コメント新規追加