イングランド女子、Euro2022で優勝

昨日はロンドンのウェンブリー スタジアムでサッカーの欧州女子選手権の決勝が行われました。イングランド対ドイツ。2年前はブログ(イングランド対イタリア、PK戦で敗れる)にも書きましたが同じ場所で男子の決勝があり、イングランドは1対1の後、延長戦でも得点が入らず、とても心臓に悪いPK戦にもつれ込み、そこでイタリアに負けてしまったのでした。

前半は0対0で終了。後半戦でイングランドが最初にゴールを決めたのですが、その後ドイツもゴールを決めてしまい、1対1のまま延長戦になりました。そして延長戦の後半にイングランドがもう一つゴールを決め、見事初優勝。

選手たちの泣いて喜ぶ様子がその後しばらく画面いっぱいに映りました。

もしも優勝したら翌日の月曜日は休日にして欲しいという声がたくさん上がりましたが、政府からは前回の男子決勝と同様に却下されていました。ちなみにお隣のスコットランドだけは今日は元々休日です。

これほど盛り上がって各紙面のトップ記事になっているので、日本でも報道されているかと思い朝日新聞オンラインをチェックしたところ、記事がどこにも見つかりませんでした。「サッカー」から「海外サッカー」のページまで探したのですが、見つからず。次にNHKオンラインをチェックしたのですが、そこでも見つからず、朝日新聞と同様に「国際」「スポーツ」「サッカー」のページまで隈無く見たのですが、無かったです。まだマイナーな女子だから?こちらでは「トップ」も「スポーツ」も「サッカー」もどのページにアクセスしてもこれでもか、と言うぐらい似たような記事が掲載されていました。おまけに、グーグルで「Euro 2022」と入力して検索すると画面上に花火が上がり、イングランドの国旗も見られるので楽しくなります。

Collage created by Nobuko

私は予選から今まで一度も観戦していませんでしたが、世間が騒いでいる決勝戦なので観ることにしました。でも隣で見ていた夫は「パワーがない」「スピードがない」とボソボソ言いながら別なことをし始めてしまいました。長男は「少しだけ観たけれど、つまらないから止めた」と言い、次男も「あ、忘れていた」と一言。

サッカーの世界では女子はまだ知名度が低いのですね。

ところでテニスの4大大会では女子は2セット取ったら勝ち、男子は3セット取ったら勝ちなので、男子の試合の方が長いのですが、サッカーの場合は女子の試合も男子と同じく90分なのですね。体力違うはずなのに。テニスと違って選手交代ができるから?

最後に1つ面白い事実に気づきました。イングランドチームもドイツのチームも全員ロングヘアーでポニーテールにしたりお団子にしたりで、ショートヘアの選手は1人も見当たりませんでした。暗黙のルールとか。長い人はポニーテールで三つ編みにしたりでなんだかライオンの尻尾みたいでした。当たったら痛そう。

イングランドチームの愛称はライオネス(雌ライオン)、もしかしてこの尻尾のようなヘアスタイルから?と思ってしまいました。

注:イギリスではサッカーと言わずにフットボールと言いますが、日本で一般的に使われる「サッカー」を使いました。

作成日:8月1日

参考記事URL:https://www.bbc.co.uk/sport/live/football/62374985

アイキャッチ画像:Photo by Alex on Unsplash

コメント新規追加