パーティ疑惑、初回は20件の罰金が決定

昨夜遅くによく見かける名前の政治記者(ローラ クエンスバーグ)が明日にでも警察から罰金の件数が公表されるという記事を書いていたことに今朝気づきました。

その記事には、最近はもっと深刻な問題が起きていて首相はそれに対応しているため、今は退陣を考える時期ではないかもしれないけれど、彼らが取った行動はやはり忘れてはいけないこと、スー グレー氏によるまだ不完全な報告書にも「リーダーシップの深刻な欠如」と明記されていること、彼自身もこの(パーティー好きな)現状体制を変えようとして、何人かをリストラ、異動していることなどが書かれてありました。

「彼の退陣に関しては少数の議員が既に不信任案を提出済み、中には一旦提出したレターを、今はそんなことを議論している場合ではないからと取り返した議員もいましたが、残るほとんどの議員はこの警察による調査の結果を待っている」とも書いてありました。

そして今朝10時半ごろ予告通りに罰金に関するニュースが緊急速報としてBBCに載りました。速報はいつも最初は画像が入る場所に真っ赤な背景にBREAKINGとだけ書いた画像が表示されます。その数分後にそのニュースに適した画像と差替えになります。今朝はこんな感じでした。

午前10時27分のスクリーンショット https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-60911798
その後撮ったスクリーンショット https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-60911798

罰金の件数は政府が「初回は15件以上、でももしかしたら20件になるかもしれない」と予測していた上限の20件でした。まだ調査が追いつかず、今後も件数は増えるとのことです。

罰金を課せられた人は通知を受け取った28日以内に全額支払う義務があり、支払えばそこで終わりますが、意義を申し立てることもできます。その場合は再び調査が始まり、罰金を取り下げるか裁判にかけるかを決定するそうです。

警察側は罰金を課せられた人の名前や、どのイベントが罰金の対象になったかは公表しないとアナウンスしましたが、首相官邸側はジョンソン首相が罰金の対象者になったかどうかだけは公表するとのことです。

そうなると早ければ今日中にまたBREKINGニュースがあるかもしれません。ジョンソン首相が罰金を課せられた場合は大ニュースですが、課せられなかった場合はもっと大騒ぎになりそうなイギリスでした。

作成日:3月29日

参考先URL:https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-60908978https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-60911798

アイキャッチ画像:Photo by Tadas Petrokas on Unsplash

コメント新規追加