正しい(正しくない)マスクの装着方法

イギリスの規制緩和は6月21日から7月19日延期されましたが、規制緩和後にソーシャルディスタンスはどうなるか?緩和後もマスクは必須か?などが今専門家によって検討中だそうです。(参考記事:https://www.bbc.co.uk/news/health-51205344

マスクは自分を守る、と言うよりも無症状の感染者が人に移さない事が大事なので、規制緩和後も「個人の責任」として、公共機関を利用する際にはマスクを着けるのが当たり前と言う意識を持って欲しいとマット・ハンコック保健相が話していました。

同じ記事内に、正しいマスクの着け方、と言うよりも、このように着けないで、と言う「べからず集」が写真付きで載っていました。

そのうちの1つに、Do not touch front of mask(マスクの正面は触らない)と言うのがありました。これ、難しくないですか?残りの5項目に関してはもちろんすんなりと納得いたしました。

またどのマスクがベストなのか、という動画も載っていました。以前朝日新聞で、マスクの二枚重ねはあまり効果がないと書いてあったのですが、この動画ではアメリカの専門家の方曰く、効果あり!と。

こちらはスクリーンショットのみとなります。動画をご覧になりたい方は、こちらから:https://www.bbc.co.uk/news/health-51205344

ちなみにベストなのはUKではN95、USではFFF2&FFP3と言われている少しとんがった形のマスクだそうです。ただ他のマスクと比較して高額になっています。今後もしばらくはマスク生活が続きそうなので、どこかの首相みたいに国民全員に配布してくれるようになるといいですね。

コメント新規追加